心の声に耳を傾けることで、人は本質的な生き方ができるのです。このサイトが、あなたの幸せのお役に立ちましたら幸いです。

2020年7月

三浦春馬さんの死で感じること

死にたいと感じるほど、生きることが辛くなったら・・・。

今回のことは、報道のあり方や世の中への影響度合いや、それによって傷ついている多くの方のことを思うと、色々と考えさせられました。
何が正しいかは、ひとそれぞれの中に答えがあるものですが、私たちなりの感じることをお話しさせていただきました。

辛くなったら、相談しにきてください。
死の選択を実行する前に、一度、死ぬ気で会いにきて欲しい。
そんな風に思った次第です。





〈編集後記〉
わざわざ今話題になっている三浦春馬さんのお話しをすることに、嫌悪感を抱く方もいらっしゃるだろう・・。
と、思っていたので、何日も話して良いものかと考えていたのですが。
そんな間にもネットニュースは静まるどころか益々加熱して、死の憶測や身辺での出来事をあーでもないこーでもないと記事にして発信し続けていました。

それを見るたびに悲しみやショックを受け、元気をなくし気持ちがどんどん落ちていってしまう人たちが沢山いるのに。

分からないことを知りたくなるのは人間の性分ですが、本人が既に亡くなっている状況で根掘り葉掘り知ろうとするのはいかがものかと感じます。
それはもう、知らなくていいことだと思うのです。
私たちが受け取ることは、そういうことではなく、事実を受け止めた上での「では、自分はこれからどうしていこうか」ということなのではないのかな。

と思うと、やはりこれは話したい。
ということで配信させていただきました。


加えて、声を大にして言いたいことがあります。
私は、10年以上前ですが何度も自殺を図ったことがあります。
もちろん未遂で終わったので今現在生かされているのですが、当時は「死ねなかった」「死にたかった」と、死ねなかったことを後悔していました。
そして、いろいろな方法で何度も死のうとしました。
あの頃は、死にたいくらい生きていることが辛くて苦しかったです。
でも、今は生きていて良かったと感じています。

いつかどこかで、「あの時死にたいくらいに辛かったけど、生きていてよかった」と感じられる日が来るのだと思います。
それはどんな人にもやってくるものだと思います。
死にたいと思っている方、死んだら終わりです。
「良かった」と自分の人生を肯定できる日が必ずきます。
信じてください。
そして、誰かに助けを求めてください。

どうか、今回のニュースで心を痛めておられる方々、1日も早く元気を取り戻されますように。

三浦春馬さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。


弟子の池田

徹底解説してみた!!「本当に人生が変わる心浄術って何??」心浄術のココが知りたいPart1

・心を落ち着かせたい
・自分らしく生きれるようになりたい
・うつ病を改善したい
・本来の力を発揮したい
・やりたいことを見つけたい
・人生を変えたい

生きていると、人は色々と悩んだり葛藤したりすることがあります。
けれど、もし、《本当になりたい自分》《本当に生きたい生き方》ができたたら、それを幸せというのではないかと思います。
シンプルに幸せを感じて生きていけるようになるヒーリング、心浄術について、徹底解説しました。
今回はPart1です。




〈編集後記〉
今回は、初めて我々の本業(?)である、心浄術についての解説をしてみました!
やっぱり盛り上がりますね。
少しでもどんなものなのかをお伝えできていたらいいなと、心を込めて編集しました。
ホームページをご覧になった方がお問い合わせをくださる際に多いご質問にも、
これからYoutubeを通してお話ししていけたらいいなと思います。
やってみて感じたのですが、文章では伝えきれないことって、やっぱりありますね。
テンション(熱量)やスピード感や口調や動きを見たり聴いたりしていただくことで
感じ取っていただけることも、すごくあるんだぁと。

最近はメールやLINEで連絡を取り合うことが多いですが、できれば電話、いや、会うのが難しくても
せめてビデオ通話でコミュニケーションを取ることが大事かもしれないとも感じました。
私たち人間に備わっている大切な感覚、五感。
これが文字のやり取りだけでは眠ってしまうと思うのですね。
見て・聴いて、初めて感じられることの方が遥かにあるのではないかと感じながら、
初めての心浄術についての動画を編集をしていた次第です。

まだまだコロナが落ち着かない状況が続いていて、人と会うことを控えがちですが、
大切な人との連絡を取り合う時、できるのであれば電話やリモート(ビデオ通話)で
お互いに顔を見ながら受け取り合ってみてください。

今回も、楽しんでご覧いただけたらと思います!!

弟子の池田

被害者意識は自分を不幸にする!!

誰かのせいや、何かのせいにしていても、実は何も変わりません。
人は、許し受け入れることで楽になります。
そして、自分を楽にしてあげられるのは、自分しかいないのです。




〈編集後記〉
今回は、カメラの画質がグンと良くなって見やすくなっているんじゃないかと思います。
上質なカメラを使わせてもらっていたのに、使いこなせていなかったんです(泣)
お会いする方々に、「YouTubeやってるんです。良かったら見てください!」と
お話しすると嬉しいことに皆さん見てくださり、ご意見をくださり、今回カメラの性能を
私が使いこなせていなかったことが判明!
感謝ですねー、本当にありがたい。
しかも私は、「画質があんまり良くなくて・・」なんて、カメラのせいにしていました。
反省。
今回のテーマに自分がバッチリハマってしまいました。
黙ってこんな私に使われ続けてくれていたカメラさん、ありがとう。

というわけで、カメラさん高画質性能を余すことなく発揮できたかなと思う次第です。
本当に自分次第ですね。
まだまだ編集や音も含め、未熟な点が多々ありですが、お届けする内容とともに
皆さんのお役に立てるよう、成長していきたいと思います。

今回もご覧くださりありがとうございました!!
 
弟子の池田

YouTube更新のお知らせ【人生の壁を簡単に乗り越える方法】

「人生は山あり谷あり」生きていると、壁と捉えられるような出来事が起きたりします。

そんな時、ショックを受けたり動揺したりせず、まるで予測していたかのように淡々とその出来事に向き合えたら、人生はスムーズに感じるのではないでしょうか。

 

今回は【人生の壁を簡単に乗り越える方法】です。

 

【人生の壁を簡単に乗り越える方法】を見る

 

アセンション

アセンションとは?
私たちが生きる現代は「アセンションの時代」を生きています。
アセンションとは、私たちの精神・肉体・地球が進化することを言います。

これは高次元な精神・肉体の世界へと上昇する宇宙の大イベントです。

アセンションは2012年からスタートし、2016年から本格的な次元上昇と浄化が進んできています。

2016年からの10年間は、気候や金融システム、政治、人々の精神や体調などに大きな変化があり、激動の時代と感じる方も多いのではないでしょうか。

アセンションは2012年からスタートして30年から50年かけて進んでいきます。

宇宙の意図としては過去から現代までに何度もアセンションを試みてきました。
しかし、人類のトラウマ、観念、エゴ的思考の影響によりアセンションは幾度となく失敗に終わってきました。
ここでは今回の地球のアセンションを成功するために、私たち人類がどんな準備をしたら良いのかをお伝えしたいと思います。

アセンションは全て個人に委ねられています。

なぜなら宇宙は私たち人類の自由意思を尊重することを何よりも大切にしているからです。
しかし、幾度か過去に試みてきたアセンション計画は全ての人類の意識を統一して行われることが定義として進めた結果、現代まで見送られてきました。
今回の次元上昇は意識レベルを二極化することでアセンションを成功させるという計画をとったのです。

つまりアセンションする地球に存在するのか?
アセンションしない地球にとどまるのか?
どちらの地球を選んでも良いということになります。

ではアセンションした地球はどのようになるのかをお伝えします。

アセンションした世界(高次元)とは、「統合された意識の世界」です。
それは、幸福、調和・バランス・柔軟性・思いやり・真実・中庸・慈悲・感謝・歓喜・平和・純粋・などに基づいた意識です。

今の三次元世界(低次元)は、「分裂した意識の世界」になります。
恐怖・不安・見栄・束縛・嫉妬・差別・アンバランス・競争・戦争・パニック・コントロール・攻撃などの意識です。

メディアなどの報道や雑誌を見ても感じるように真ん中が無くなりどちらかに傾いています。

アセンション後は、その人の意識レベルに応じた世界に行くということになります。

絶滅する地球から、愛に包まれながら何でも自分の夢を具現化できるような世界まで、

二極化された中でさらに自分に合った階層の地球に移行できます。

もちろん行きたい世界の選択は、自分の意識と行動次第で決まります。





(アセンションする人とは?)
(浄化が進んだ人)

まず最初にアセンションする人は、どんな人かと言いますとある程度の「浄化」が進んだ人です。

奥にため込んでいたトラウマや観念、エゴ、感情、肉体の毒素をデトックスできている人です。



(実行できる人)

やるべきことをしっかり捉えて、現実から目をそらさず、人生をしっかり生きるというのもアセンションするために必要条件です。



(ニュートラルな視点を持てる人)

物事や他人をジャッジせず、ニュートラルに見ることができる人はバランスが取れています。

人は少なからず、自分の好き嫌いや善悪、価値観で判断しがちで、自分の思い込みなレッテルを張ります。
それらは自分特有の見方や、思考のクセにすぎません。

自分を正当化して、他人を「裁いて」しまい、それが原因でトラブルや争いの原因を作り出します。
正義感をふりかざす人もまた、物事の全体像をつかんでいない偏った人です。

良い悪いの判断をせずに、思いやりを持ってニュートラルに対応できる人は、バランスのとれた世界と同調し、自分の身の回りの世界だけではなく、他人や社会、地球全体からの視点で見ることができます。



(物事をポジテイブに捉えられる人)

ネガティブな出来事に遭遇しても、それをポジティブに受け止められる人です。

これはネガティブな側面を否定したり、見ないふりをして、明るく振る舞うことではなく、ネガティブなことを避けずに、自分の成長につなげていける人ということです。

出来事は全て必要だから起きているという本質的な思考の元に自己成長していく人です。



(自分を変えられる人)

日常生活で出てくる自分の感情を見つめて的確に処理できて、向上心のある人です。

アセンションとは、より良い世界への変化ですから、自分をより良く変えられることが条件です。

失敗や問題の起きない人は存在しませんが、失敗をなかったことにしたり、自分を責めるだけでは、本来の軸に戻ることができません。

自分を変えるというのは、自分の思考の方向が間違っていたということを認め、反省して良い方向に変えるということです。



( アセンションしない人とは?)
「アセンションしない人」は、今までの地球意識を継続することを選びますので、破滅に向かう地球に残ることになります。

何かあると自分以外の相手のせいにし、自分が嫌だと思う人を排除しようとする人です。

「親が悪い」「社会が悪い」など誰かのせいにして、自分からは変える、変わろうとする行動をとらないので、低い波動となります。

「自分の人生に責任を持つ」ということが、高次元意識であるアセンションのスタートラインに立つことです。

三次元の「分裂」に基づいた思考は、自分と他人に線を引き、優劣を決め、自分と異なるものを受け入れません。
これはエゴ的な思考が原因となっています。

自分にも問題があると捉えることができないことから、他者の批判をします。

戦争やテロなど争いをしている人や国と、同じ波動だということです。

他人のせいにする人は相手より優位に立ちたがり、勝ち負けにもこだわります。



(変化を恐れる人)

「変わりたくない」「現状維持したい」という気持ちは、進化するエネルギーとは逆に向かい、それはアセンションの波動と共鳴しません。

地球にある全ての生命、物質も進化しています。そういった自然の流れに逆らうのは、変化への「不安」や「恐れ」があるからです。



(自分の不幸や悲劇にひたる人)

自己否定をする人は他人を責めないかわりに「自分が悪いんだ」「自分はダメな人間だ」「自分にはできない」と自分を責めます。

責める相手が、自分か他人かという違いはありますが、実はどちらも同じことなのです。

その行為は責めることで、問題から逃げているとも言え、ネガティブな出来事に囚われて自分を客観的に捉えられなくなっています。

(被害者意識の強い人)

「傷つけられた」「裏切られた」「騙された」という「被害者意識」の強い人もまた、自分で自分の責任を取りません。

可哀想な自分に共感してもらいたいという思いも強く、自分から変わろう、問題解決しようという方向に意識を向けないのです。

そのような人はネガティブなエネルギーを発し、同じ場所にとどまり続けます。



(依存心の強い人)

自分からは与えず、いつも相手から何かを得よう、何かをしてもらうと考える人たちです。

人に「してもらいたい」「してもらって当然」と考えているため、感謝するという気持ちに乏しく、自分が今の多くの人から、いろいろなものを「与えられている」ことに気づきません。

与えてもらったなら今度は自分が与える立場に立つ。または自分から率先して与えていく力は「宇宙意識」そのものです。



何ごともそうですが、何もせず待っているだけでは、ポジティブな変化はやってきません。あなた自身が「良くなろう」「前に進もう」という「向上心と努力」が必要になってきます。

素敵な人生や世界をいくら夢見ても、自分の意識や行動を変えなければ、望むものは手に入りません。

アセンションとは、私たちの「成長と進化」です。



(アセンションすると決める)

なによりも大前提として、自分はアセンションをする、と決めてください。
私たちの「意志」が、世界を作っています。

皆さんの「こういう世界がいい」という思いや願いが、自分の向かう方向性を決めていきます。

全てはひとつであるという観点から、自分はどういう世界に住みたいか決めてください。

それでは、より具体的なアセンションに向かっての準備をお伝えします。



(浄化を行う)

アセンションするための波動を高めるには、デトックスをして軽くなることが必要です。

まずは、これまで心にフタをして、向き合ってこなかった感情の浄化を心がけましょう。

自分を見つめて、悲しみや怒り、不安、寂しさなど、出てくる感情の根源はトラウマが大きく影響しています。

トラウマを解消することで自己否定せず自分の腹の奥底にある本音や、醜いエゴ的な部分にも気づいていく必要があります。

そして、それらを否定せず、自分にはそういう部分があるんだと受け入れていくことで少しづつ心の中が変化していくことに気付き始めます。

観念、自己否定、罪悪感などを手放し、浄化するためには、いったん「受け入れる」というプロセスが必要です。

親、兄弟、家族との関係性を正し、本来の自分に戻ることがとても近道です。



(自分の人生の責任は100%自分にある)

自分に起こることは、自分の責任であると自覚すること。
この視点がとても重要になります。

アセンションしていくためには、

「鏡の法則」で知られるように自分が他人を通じて投影した自分の中のエゴに気づくことが早道です。

「引き寄せの法則」で知られるように自分の思考が、今の現実を作っています。

日々みなさんが体験している「現実」は、あなたの「思い」が作り出した「結果」です。

もし気に入らないのであれば、変えればいいだけなのです。

他人は変えられませんが、自分なら変えられます。

いくら相手が悪く見えても、「自分に間違いはないか?」、「自分の問題はどこだったのか?」という視点で見つめてください。

本当の解決策が見えてきます。



(心を開いたコミュニケーション)

人とのコミュニケーションでは、本音を話していくことが大切になります。

アセンションによって、人とのつながりも新しい関係性に変わっていくのですから、
オープンなコミュニケーションを心がけるようにし、「嫌われたらどうしよう」、「めんどくさくなるのはイヤ」などと考え感情を飲みこまないようにしましょう。

そして、素直な感情表現を心がけてください。
自分に素直になれば、相手を否定する必要がなくなります。

また、会話の際は相手を受け入れ、理解しようと対話を重ねる姿勢が重要になってきます。

コミュニケーション能力の向上がとても大切です。

(外の情報に流されない)

他人の話やテレビなどの情報を真実と思い込まないでください。
世の中は、不安や恐怖をあおる情報に溢れています。

ネガティブな思考に引きずられて、アセンションの意識から外れないようにしましょう。

私たちの思考は、いつも過去や未来のことを考え、不安をあれこれ妄想します。
「心浄術ヒーリング」により頭ではなく、あなたの心の中にある真実に気づいてください。

心浄術ヒーラーそして岡本マサヨシは皆さんがそんな自分に気付けるサポートをしています。






株式会社楽笑(rakusho)
〒104-0061
東京都中央区銀座8-11-5
正金ビル1F
03-3569-1235
11:30~19:30
毎週水曜・第2第4木曜定休